あーだこーだ言っても、不倫やん


先日、人気ドラマ、花咲舞が黙ってない!で、銀行員が一千万円の小切手をなくす、という回がありました。  

杏ちゃん扮する花咲舞が、捜査をしていくと、その銀行員が一千万円の小切手を持ってレストランに立ち寄ったことが発覚。更に捜査を進めると、レストランには女性と2人だった、とのこと。

その女性は、花咲舞の憧れの先輩で、銀行員とは不倫関係を持っていたらしく、2年間付き合っていたのに、突然、子供が出来たから別れてくれって言われたんですって。

「そんな!奥さんとの仲は冷え切ってるって言ってたじゃない!貴方だけ幸せになるなんて許さない!」ということで小切手を盗んだそうな。

なんというテンプレな展開。ここまでは私も全然良かったんです。

「こんな美人さんなのに不倫なんかしちゃって!むしろその展開は貴方にとって好展開でしかないのよ!」とテレビに話しかける私。

幼少の頃、テレビに向かって話しかける両親をみて、うるさいなぁ…誰に向かって話してるんだよ…と思っていたことを深く謝罪したい。しかも私に限っては会話を分かち合う旦那すら隣にいないのに一人で喋っている。


人気ブログランキングへ

気に入らないのは、その後。

「◇◇さんが、私が盗んだって言ったんでしょう?自業自得よね。こんなことになるなんて……。」

「いいえ、◇◇さんは、貴方と不倫関係にあることも、レストランに立ち寄ったことも認めましたけど、小切手と貴方は関係ないと言い張っていましたよ。不倫関係がバレたら出世にも大きく響く。けれど認めたんですよ。認めた上で、貴方は小切手には関係ない、と。全て、貴方を守るために……。」

「私ったら……(涙)」

という会話。

おい待て。なにちょっといい話みたいにまとめようとしてるんだ。

そんなね、家では嫁とヤって、外ではその美人とヤって、双方に嘘をつくような小賢しい男ですよ。

「あー、ここまでバレたら、認めるしかない。だけどここであいつのことを庇っておけば、後々良い想いがまた出来るかもしれない。とりあえず庇っとくか。どうせあいつが自白するだろ。」

とかいう算段に決まってるだろが!!?なんで此の期に及んでそのカス男の言うこと信じとるんじゃぁーい!!!舞ちゃんもだよ!なんでそんな尾を引くようなこと言うん!第三者からの褒め言葉(?)は直接聞く言葉より3倍嬉しい法則知らんのんか!

更に舞ちゃん、こんなこと言っちゃいました。

「◇◇さんは、あなたのことを本当に愛していたと思いますよ。」

そんなわけあるか。

個人的な意見ですが、テレビに向かって突っ込まざるを得ないドラマというのは面白いと思っています。花咲舞が黙ってない、面白いです。