恋の罪(ネタバレあり)


またまた見てしまった…。

園子温監督作品「恋の罪」
ヒミズ、冷たい熱帯魚、恋の罪の中では一番好き。

今回は東電OL殺人事件が元ネタだそうで。

毎回毎回うわぁあああ!って思いながら園子音監督作品を観続ける私は近々、「愛のむきだし」をしれっと借りてくるのだろうね。

冨樫真さんって女優さん今回初めて知ったけどめっちゃ綺麗だし、めっちゃ演技上手。(尾沢みつこ役)

あの人のせいで(おかげで)、この映画が10倍怖くなった。

みつこのお母さん(大方斐紗子さん)、マジでクソババアだわ。毒親すぎる。なんちゅーこと言っとるんだ、自分の娘に…と思ってたけどたぶんこの人も成育に何かしら問題があるんだわ。

みつこもいずみちゃん(神楽坂恵さん)も可哀相だよ…。
もう園子温監督はいずみちゃんを解放してあげてくれー!!
いっそ死んでくれた方がまだ救われたよ。

個人的に旦那がクソすぎて一番いずみちゃんに感情移入した。
あーなっても仕方ないというか。例え売春しても擁護されるくらいの事は身に起きたよね。
いや、みつこのお母さんもだいぶクソだったけどそんなクソババア会ったことないから感情移入出来なかった。クソ男は会ったことあるからね!

4年前くらいに、同じく東電OL殺人事件を題材にした、桐野夏生先生の「グロテスク」も読んだんだけど、みつこの最期が映画のいずみちゃんみたいな感じだったと思ってたんだけど違ったかなぁ。

もうあんまり内容覚えてないけど、すごく衝撃的だったのと、売春婦が最後の方に、「生理用品は毎月必要だからいくらあっても困らない。」だかなんだか言ってナプキン万引きしてた事しか覚えてないや。
でも確かナプキン万引きした人は拒食症で、放尿してたからみつこなはずなんだよねぇ…。

もう一回読み返すか…。カロリー使う作業だわ…。
誰にも頼まれてないけど。

UAのHORIZONが頭の中でずーっと、グルグル流れてた。

ダメよぉみんな、幸せにならないと。