Days


春の僕たち桜の花見てた
夏の君は汗を拭っていた
秋の僕は少しせつないと言った
冬の君は白い雪に囲まれ笑ってた

全てがモノクロで
全てはもう思い出に変わってる

どんなに閉じ込めようとしても
すぐ気付けば過去に変わる

もう掌には何もない
もうここには何も何もない

急がなきゃ支度をしなきゃ
置き去りにされるから

僕に君に誰かに

決まって輝く始まりの季節
4つの季節の翻弄されてく
全てがモノクロの世界

君だけが綺麗な色を持つ
どんなに閉じ込めようとしても
形はもう残らず

そう掌には何もない
始めからここには何も

急がなきゃ支度をしなきゃ

四季が始まって来るから
同じように来るから

不安定は愚かにする
だけども安定は惨めになる
寒い夕暮れ

お互いに理由はわかってる
ただ 約束守れなくても
結ぶ小指が欲しいとか
言えるわけもない鳴かない君眺め

ひとりで微笑ってみた
夕暮れ泣かないように

ヘラヘラと微笑ってた

作詞.Lui Nakamura
作曲.seiya

song by lui…
2013.1.16

photo:01



from.ジニア